ポイント交換王国

ポイント交換&攻略方法が一目でわかる。世はまさに、大ポイント時代!
//更新トピックス//
  1. マクロミルで交換達成!ネットだけでもポイントが貯めやすい
  2. ピザーラのポテトが欲しい人には記念日クーポンが効果的
  3. TESLAB(テスラボ)は貯まらない!やる前にあきらめよう
  4. ピザーラ「誕生日クーポン」の正体とは
  5. 難民発生か!Yahoo!アフィリエイトが終了します
  6. ピザハットを今すぐに割引きする方法
  7. ジョリーパスタには「クーポンなし」という割引術もある
  8. サブウェイ直伝!注文をなるべく1回で済ませるテクニック
  9. ブックオフは本だけじゃない!ユニクロの洋服も売れたってばよ
  10. FOREVER 21「公式サイト」の方が安い理由を調査しました
  11. オリジン弁当のモバイルクーポンは筆記用具くらい必需品
  12. もらた!ZOZOTOWNがより安くなるカウンター割引
  13. 銀のさら『誕生日クーポン』の仕組みを解明しました
  14. 楽天スーパーポイントが激増か!楽天Edyからの交換がスタートした模様
  15. ピザハット「VIP会員特典」の悲しい現実
  16. ドミノピザのサイドメニュー攻略!有料クーポンのパフォーマンスとは
  17. 銀のさら『ポイントカード』をもれなく使い切るために出した答え
  18. ココス「クーポン」がないときにこそ使いたいワザがある
  19. サブウェイ対応のクーポン一覧
  20. MySurvey(マイサーベイ)をやったら楽天スーパーポイントが増加しました
  21. Amazonは『1%還元のクレジットカード』で2%もらえる
  22. Javari対応のポイントサイト一覧
  23. サブウェイのフライドポテトはカロリーが半分らしい
  24. コネコネットのポイントサービスが終了!Ponta難民の受け入れ先とは
  25. フレッシュネスバーガーを「クーポン」+αで割引いた結果
  26. JAFの優待は使える!ドミノピザをさらに割引く賢者の買い方
  27. ピザーラ『ご家族誕生日クーポン』がペット可だった件
  28. シズラーが食べ放題!とことん支払いを免れるためのクーポン活用術
  29. コネコネットの還元率を調べた結果がわりと強烈だった
  30. オピニオンワールドは贅沢できないけどウキウキ感はある
情報案内
指令!Yahoo!チャイナモールを攻略せよ!!


ECナビのナビバリューが終了した今、日本で唯一残された?激安家電の宝庫とも言えるYahoo!チャイナモール。チャイナとは言うものの、Yahoo!ショッピングのサイト右上にある「チャイナモール」から行けるなんちゃって海外です。
【参考】 Yahoo!ショッピング

そこでは中国のショップが現地の人向けに販売してる商品をのぞき見できるわけですが、もちろん見るだけはなく、買うこともできます。例えばAndroidを搭載したタブレットパソコンがたったの7,000円だったり、日本メーカーの1500万画素デジタルカメラがわずか5,000円で売られてるわけです。

この安すぎる異次元の価格設定は主に日本と中国の物価差によるものですが、国内の販売価格に慣れてる人には目を疑うような光景かもしれません。
では長くなりましたが、以下攻略方法の説明です。


  まずは日本語対応かどうかを チェックする
チャイナモール

いくら安いとは言え、日本語に対応してないと中国語をニーハオから勉強するはめになるので、まずは対応言語に日本語があるかどうかをチェックします。 通常は家電の商品ページのスペックなどが書かれた説明欄の中に書いてありますが、日本語非対応の商品も多数あるので注意が必要です。



 必要に応じて  変圧器と変換プラグを用意する

海外の家電を国内で使う場合、電圧やプラグの違いでそのままでは使えないことがあります。例えば、手元にある適当な日本の家電を見てください。
製造番号などが書いてあるラベルに「定格電圧100V」のような記述があると思います。中国ではこの部分が220Vなのが一般的で、そのような家電を日本で使う場合は、変圧器が必要になります。また、電源プラグの形状が違う場合には変換プラグを用意します。
【参考】 変圧器 変換プラグ

2つ合わせて7千円ほどですが、基本的にこの2つがあれば海外モデルの安い家電も電圧を気にせずに買えるようになります。余裕があるときにこれらを用意しておくのも一手です。



 関税がかからない  電化製品を狙う

電化製品なら値段に関係なく関税は無税です。
一方で洋服などの繊維製品は、10,000円以上の買い物の場合に関税が必要になることがあります。



日本メーカーの家電 を中心に攻める

家電の場合、購入後のサポート部品のことを考えると日本メーカーのほうが安心だと思います。もちろん中国メーカーの製品でも壊れたらそこで終了ではなく、修理できるところはあるはずですが、そのあたりは未知数な部分が多いです。



いざ買うときは  送料の計算 を忘れずに

個人輸入の場合、購入するものによっては商品価格よりも送料のほうが高くつくこともあるので、大体の送料を把握しておきます。例えばデジタルカメラなら送料は1,350円くらい、関税は不要です。ちなみにYahoo!チャイナモールの配送は全部クロネコヤマトになります。


Yahoo!チャイナモールは大人の都合でYahoo!ポイントが使えないため、販売価格が安いものを自分で探し出し、「どれだけ現金値引できるか」が攻略の鍵となります。

それと支払い方法はクレジットカードか代金引換を選べます。これは代引のほうが良いかもしれません。クレジットへの請求額は為替レートと先方が請求するタイミングによって変動するため、当初の値段よりも上がってることがあります。また相手通貨が人民元ともなれば、急激な切り上げがあっても不思議じゃありませんので。


関連記事
投稿:2011/09/09(金) 更新:随時
記事の墓地 | コメント:0
サイト内検索
 ▼ コメント、ツッコミ、報告、つぶやき etc..
▼投稿する
コメント:
PASS: 編集・削除・なりすまし防止を可能に
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
業務連絡
http://pointsearch.blog98.fc2.com/tb.php/30-98871582